2015年6月10日水曜日

【団体からの提言】全国測量設計業協会連合会会長 野瀬操「担い手確保へ活動強化」

わが国の少子高齢化に伴って、担い手不足はわが測量設計業にとどまらない社会的な問題となっている。若年技術者を中長期的に確保することで、公共工事の品質が将来にわたって確保されることにつながり、社会資本の維持管理においても重要な役割を果たすことになる。そこで、測量設計業の将来の担い手確保を目的に、小中高生が関心を抱き、技術を学ぶ高校や専門学校・大学への進学、さらには測量設計業者への就職を動機付ける活動を実施する。

 (1)測量設計業に対する親近感を深めるためのパンフレット・リーフレットを作成・配布し積極的にPR活動、一般学生と家族・教員において職業の一分野としての社会的認知度を高め、国土の発展成長を支える技術やその重要性、職業としての測量設計に魅力を感じてもらう。
 (2)最新測量機器の種類・機能や先端技術を理解してもらうため、教育機関と連携し出前講座を開き、工業系高校生、測量専門学校生、各学校の教職員が情報化時代における測量設計技術の存在意義を認識することで就職先の選択肢となるようにする。
 (3)インターンシップを活用し、体系的な測量設計業務の理解や実際の仕事のイメージをもってもらい、測量設計業に対する興味を深めることで採用につなげる。
 (4)人材育成においては、若年採用者が測量設計の実務を早く覚えるための教材を作成し、理解を深めて自信をもち、仕事への意欲を高めることで戦力強化を図る。
 これらを実現させるためには、業務量の経常的確保と技術者単価アップによる経営安定化が前提条件と考える。
建設通信新聞の見本紙をご希望の方はこちら

0 コメント :

コメントを投稿