2015年6月3日水曜日

【若手経営者からの提言】サンオキ社長 沖哲也(内装・東京)「一人前になるまで育てる」

内装工事業界は団塊の世代の人たちに東京五輪までは頑張ろうという人がいるから入職者が少なくても仕事ができているのだと思う。
 五輪後は入職者は少ないが辞める人は多いということになり、一気に減少するのではないかと危惧している。

 入職者を増やすためには社会保険への加入などは当たり前にクリアしなければならない。
 賃金も重要だが、週休2日などの労働環境を整備することも必要だ。これらの課題をクリアして、やっと他産業と肩を並べ、高校生の採用活動のスタートラインに立てるのだと思う。
 当社では新入社員は一人前になるまで、土日は休ませている。仕事を覚え、自分自身の立ち位置がはっきりしてくると休まなくなる。一人前になるまでは育てるということが必要だと考えている。
建設通信新聞の見本紙をご希望の方はこちら

0 コメント :

コメントを投稿