2015年6月9日火曜日

【若手経営者からの提言】広島建設アカデミー理事長 福井正人(専門工事業・広島)「地域の人材は地元で育てる」

広島建設アカデミーに関する講演活動の中で、若年者確保・育成に対する関心度が以前にも増して高まっていることを実感している。行政による担い手確保に関する施策が活発になってくることを期待する一方で、私たちは地場産業である以上、地元で人材を育てるべきだと考えている。それぞれの地域で真剣に人を育てていくという機運さえあれば、アカデミーのノウハウを出すことは惜しまない。

 アカデミーの存在は若手の確保・育成を積極的に進める業者のモデルになる。あらゆる機会を通じてアカデミーの活動を広めていきたい。現在の需給バランスや少子高齢化の問題などを考えると、将来的に間違いなく人材が不足する。労働力の輸入が必要になった時、その一方で外国人労働者を管理する人材も必要になる。そういう人材を育てることを個々の企業が真剣に考えなければいけない時期にきている。
建設通信新聞の見本紙をご希望の方はこちら

0 コメント :

コメントを投稿