2015年6月10日水曜日

【団体からの提言】近畿建設技能研修協会会長 川嶋実「建設産業への入職支援」

当協会は1982年に設立され三田建設技能研修センターで各種職業訓練を行ってきた。昨年度までは既入職者を主な受講対象として、技能士コース、専門研修、技能講習で多くの訓練修了生を輩出してきている。また実技試験や高校生の1日就業体験などの実施や技能検定への施設利用なども行っている。2014年度は、新たに地域人づくり事業について、兵庫県から受託して失業者を公募し技能講習などの実施や、豊岡建設技術者養成センターの受講生への技能講習や技術指導などを行った。

 15年度の主な事業方針としては、地域人づくり事業などの新規入職者確保に資する事業の受託や建設業振興基金が設置した「建設産業担い手確保・育成コンソーシアム」の県版である「兵庫県地域ネットワーク」の一員として担い手確保・育成に取り組む。
 また従来からの高校生の1日就業体験に加え、高校への出前講習にも取り組むとともに、新規講習の開設などにも取り組んでいく。
 講習参加者からは、工業高校出身者でもない者にとってこれらの講習はありがたいといった声も聞いているが、受講修了者への就職斡旋までは行っていないことから、各自の就業意欲に委ねることとなる。
 15年度は就職斡旋までパッケージ化された事業も予定されることから期待したい。喫緊の課題である新規入職者の確保については、これらの失業者を対象とした事業に引き続き取り組むとともに、高校生を対象とした就業体験や出前講習などにより建設産業への入職支援を行っていく。
建設通信新聞の見本紙をご希望の方はこちら

0 コメント :

コメントを投稿