2015年6月3日水曜日

【若手経営者からの提言】旭日電気工業社長 富井弘之(設備業・東京)「配属時に戦力としての喜びを」

経営上の課題は技術者の確保であるが、中途採用者の定着率がよくないので新卒者採用に力を入れている。首都圏での新卒者確保は年々困難になっており、札幌から福岡までの6支店で採用を促進している。採用数が限られていた時期にも各地域の学校と継続して交流しており各支店2、3人を採用することで予定採用数20人程度を概ね満たしている。

 採用した人材は丁寧に育てることが大事であると考えている。実践的な基礎知識が身に付くように工事サポート部門において1年間の研修を行う。具体的にはCADによる施工図作成、積算、工事書類の作成、技能工としての現場作業を巡回研修し、2年目の現場配属時、雑用係ではなく戦力としての喜びが見いだせるようにしている。また、現場代理人の本来業務を絞り込み、サポート部門のフォローによって独り立ちの時期を前倒しできる環境を整備している。
建設通信新聞の見本紙をご希望の方はこちら

0 コメント :

コメントを投稿