2015年6月25日木曜日

【現場力】建設企業とパートナーシップ 西日本高速道路・松室圭介

「地域住民の方々や高速道路を利用しているお客さまが求めていることを考えながら仕事を進める。それが当社の『現場力』だと思う」と西日本高速道路四国支社の松室圭介建設事業部長は語る。

 常日ごろ、自社の現場の所長や工事長、若手社員などに対し、よく言うことは「建設企業とのパートナーシップの重要性」だという。「現場であなたを助けてくれるのは建設企業の方々ですよ、と社員に話している。私自身も工事長時代に請負企業の方々に助けられた経験がある。甲乙ではなく、良いものを造るという共通の目的を持ち、良い関係を築いていきたい」
 西日本高速道路では、市民や学生を対象とした現場見学会を開催している。「若手に説明させることは技術の勉強になるほか、第三者に見てもらうことで、現場もきれいになり、安全につながるという効果が期待できる。受注者にとっては担い手確保のPRというメリットもある」
 「建設工事が減少し、維持管理の比重が高まる中で、現場で仕事をする機会が減っている。維持管理を行う上でも、建設の知識は必要。若手社員は現場に積極的に出て、学んでほしい。現在、四国支社は高松道の4車線化などの現場があり、若手が勉強する上で良い時期だ」と力を込める。
建設通信新聞の見本紙をご希望の方はこちら

0 コメント :

コメントを投稿