2015年6月5日金曜日

【若手経営者からの提言】白井組代表取締役 白井崇雄(総合建設業・神奈川)「コスト対応へ多能工直接雇用」

普段は、人からの紹介やOBのコネクションを使って社員を募集している。中途採用よりも新規学卒者を採用したいのだが、大学や工業高校とのコネクションが細く、思うように採用できていないのが現状で、毎年社員を受け入れ、会社として雇用を安定させたいという気持ちはある。

 これからの時代は、雇用の安定を図り、多能工を直接雇用できるようにならなければ、コスト対応できなくなるという危惧を持っている。わたし自身が、長く会社に勤務できる職場環境づくり、古い会社(創業141年)にありがちな雇用形態のギャップを埋める努力をしていかなければいけない。
 社員がものづくりに興味を持つことが一番だが、安心して長く勤められるようにするには、給料を引き上げることも大事な要素だと思う。賃金をたたかれれば汗をかいて働く魅力も半減してしまう。
建設通信新聞の見本紙をご希望の方はこちら

0 コメント :

コメントを投稿