2015年6月3日水曜日

【若手経営者からの提言】日新鉄筋社長 早川謙太郎(鉄筋・埼玉)「新卒採用へ出前講座」

若い人に鉄筋工事業へ入職しようという志願者が少なく、縁故に頼っているのが現状だ。休日その他雇用環境の改善と賃金のアップが必要とい言える。特に若者にとって休日は、就職の動機として一番大きい。いずれにしても、建設業の賃金や休日など雇用条件が平均よりも良くなくては、建設業で働こうという若者は増えてこない。

 新卒者を採用するためには学校へアピールが重要だ。高校への出前講座は有効な手段となる。まず鉄筋工事業を知ってもらわなければ、就職の際に選択肢に入ってこない。その意味で出前講座には意義がある。
 数多くの機会をつくっていくことが重要。そして、工業高校だけでなく普通高校にも広げていく必要がある。こういう仕事があると言うことを宣伝していくことが大事だ。
 いずれにしても、土俵に上がらないことにはどうしようもない。
建設通信新聞の見本紙をご希望の方はこちら

0 コメント :

コメントを投稿