2015年6月2日火曜日

【若手経営者からの提言】岩浪建設社長 岩浪岳史(総合建設業・東京)「女性活用へ環境整備が必要」

人材確保は、東京でも非常に苦戦している。多摩地区でも昨年10月に初めて、「多摩地区建設業合同企業説明会」を開いたが、エントリー人数の半分程度しか集まらなかった。当社だけに限らないが特に、土木社員が足りない。また今、女性活用も話題になっているが、地元(青梅市)では、トイレなど環境整備はなかなか進んでいない。ただ人材不足の中、女性活用は必要不可欠だ。だから女性活用のための新しい働き方を企業が整えていくことが必要になる。女性の入職が広がれば、現場も活気づくという側面もある。
 一方、われわれの主戦場である多摩地域の建設市
場は、土木について2020年東京五輪後は、これまでのバランスが変わる(土木市場は減少)かもしれない。
 そのため、いまは外国人技能実習生を率先して活用する動きはないが、今後雇用調整として活用が広がるかもしれない。
建設通信新聞の見本紙をご希望の方はこちら

0 コメント :

コメントを投稿