2015年5月28日木曜日

【若手経営者からの提言】一二三北路社長 熊谷一男(総合建設業・北海道)「社員の意欲を生み出す」


現状では人材不足を感じながら何とか対応できているが、10年先を見据えればオペレーターや職人の高齢化など不安はぬぐえない。ことしは3人の新入社員と2人の中途を採用した。なかには異業種からの転職者もいる。社員には、自らが考え、行動を起こせる人材育成に努めている。さまざまなものに興味をもってもらい、知識と思考力を深めてほしい。

 景気に対する不安はある。札幌を含めた道央圏を中心に北海道内で業務を展開しているが、地場の建設業者として地域から信頼され、キラリと光る会社にすべく人材の育成を第一に考え、人として社会人として基本的な部分についても改めて訓練させている。社員には工事現場だけではなく、外の世界も見て触れて見識を深めてもらうことが一番だ。それが会社の財産となる。わたしの役目は、経営について日々じっくり考え、社員の意欲を生み出す努力をすることに尽きる。
建設通信新聞の見本紙をご希望の方はこちら

0 コメント :

コメントを投稿